タグ: 灯り

自分の仕事

灯りに必要なものは、ほどよい暗さと空間です。そうした空間の中に「もの」や「ひと」など優れた形があれば、灯りはより一層ひきたちます。
電球のフィラメントに使われるタングステンの灯りは、いわば燃え上がるロウソクの炎そのもの。蛍光灯とは違う原始的なあかりで、密やかさと温かみが最大の魅力です。
その灯りを照明器具としていかにパッケージングするか、それが自分の仕事だと考えています。

鎌田泰二(判印刷発行「遊楽里」より)